初めはそれほど設置する気もなかった太陽光発電ですが、ちょっとしたきっかけで設置するに至ってしまいました。しかも、友達にもよく聞かれます。何回、同じ話しをしたか、もう数えられません。自分でも、はじめのうちは太陽光発電を設置している戸建て住宅をうらやましいと思いながらも、あり得ないと、どこかで思っていたのですから。 そこで、これまでの流れを細かく説明し、ついでに写真も紹介して行こうと思います。

まず、太陽光発電を設置するに至ったきっかけは・・・? だんな様と一緒に訪れた大型電気店なのです。そこへ行った目的は、ドライヤーが壊れたから、新しいドライヤーを見に行ったため。 でも、ああ言った大きな電気屋さんって、無駄に歩き回ってしまいますよね。目的のドライヤーは1階にあるというのに、まずは3階の家具が置いてあるフロアを見に行く。 ここは本当に見るだけだ。本心を言えば、新しいテレビ台も欲しいし、キッチンもここに置いてあるようなオシャレなものに変えたいし、入りきらなくなったお皿たちのためにも新しい食器棚も欲しい。そんな欲望が高まるだけで、実際に現実にはなっていない。 そして、むなしい気持ちのまま2階へ下りていく。携帯電話コーナーがあり、その周りにはパソコンやパソコン周辺機器、テレビにブルーレイ、キッチン用品、それからエアコンなんかもある。中でも気になるのが、キッチン用品。家庭でパンが焼けて、おもちまで作れますよってやつは、高いけれど、毎朝幸せな気分で朝ごはんが食べられるんだろうなって。けれど、現実を思い返すと、毎朝パンを焼く時間はないだろうし、なによりパン焼き機を置くスペースがない。もし、専業主婦になることがあったら、その時に考えることにしよう。

そんなこんなで、目的のドライヤーにもなかなかたどり着けない。 もちろん、1階についてからも同じような感じだった。 一応、ドライヤーも見てみたけれど、良いものは高いし、帰る程度のものでそこそこのメーカーでターボドライがあって、イオンくらいはついているもの、となれば、悩む必要もないくらい限られてきてしまう。現実的な買い物って、時間のかからないものだ。 そこで気になるのが、隣りに置いてある美顔器なるもの。二重あごを防止できそうなマッサージ機能のものとか、頬をリフトアップするためのコロコロ。欲しいけれど、現実に戻ると無駄遣いするような気持ちになってしまうし、それほどマメに使わない気がして、なかなか手が出せないでいる。

ドライヤーのターゲットは決まったけれど、せっかくここまで来たのに、すぐに帰るのはもったいない気がするし、ランチまでもまだ時間がある。どこかへ出かけてお金をかけてしまうより、ただ見ていて楽しい電気屋さんをうろうろする方が性にもあっている気がする。そんなところの価値観の合うだんな様に感謝しながら。 1階の奥の方まで歩を進めると、そこにあったのです。太陽光発電の宣伝コーナーが。 この日、日曜日ということもあり、家族連れのためのイベントみたいなものが開催されていて、なんとなく混み合っている感じがした。

だんな様と共に、大きなパネルを見て、あれこれ言いながら、なんとなくどんなものか知りたくて、パンフレットをもらって行った。 このパンフレットを見て、二人とも興味がでてきてしまったのだった。

気になる話

母の日に贈る物を考えるときって、他の人がどんな物を買っているのか気になったりしてネットで調べてしまいます。最近は旅行をプレゼントしてあげるという人も多いみたいで、贈り物の形が変わりつつあるんだなって思います。金額の相場も毎年変わっていきますが、やはり3000円から5000円ぐらいが妥当な値段というところでしょうかね。しかし、中には3万から5万未満のプレゼントをしている人がいるみたいです。しかも女子中学生でも0.8%の子が高額なプレゼントをしているというから驚きです。子供から高額な物を貰うって母親としてはどんな気持ちなんだろう。今の子ってお小遣いが高いんですかね・・・羨ましい。今年はデパートの母の日 ギフトコーナーも見てみようかな。何か良い掘出物があったら良いですけどね。毎年の事だから何をあげたら喜んでくれるのか本当に悩んでしまいます。とくに旦那の義母さんの物は悩みますね。旦那にどんな物が好みなのか聞いても「知らん」って言われるだけですし。今年はギリギリまで悩まないように早めに決めておこうと思います。